淡々としている日常に幸せがある@コーヒー屋の母ちゃん

児童養護施設で育った私が山あり谷ありの「外の世界」をどう過ごしているかを共有するブログです

コーヒー屋(自営業)を始めたきっかけのきっかけ

f:id:senasis:20220421120940j:image

お店を始めて丸6年。今7年目になります。

もうそんなに経つのかと感じることができてる今に幸せを感じます。だって、3年目までは毎月のように、「お家賃払えた」と苦しさから解放され、また苦しい1ヶ月が始まるという感じでした。(もちろん喜びもたくさんありました。)

 

前置きが長かったですが、夫婦でお店をすることになった元の元のきっかけは、私が離婚を切り出したとこから始まります。今は夫婦仲良いですねって声かけられることもあるくらい、今はいい夫婦関係を築けでるんじゃないかなと私も思います。でも、付き合ってる時や新婚の時はとても危ういカップルでした。

 

私たちは、ちょうど付き合って丸2年が経った時夫婦になりました。一緒に暮らし始めて、今まで辛かったことや寂しかったことが一気に解消されて幸せが訪れるって恥ずかしいですが私は本気で思ってました。でも、現実はとても寂しい日々でした。

 

夫は仕事やひとりの時間で一緒に過ごすことはあまりありませんでした。いつ休みなのかもわからず、気持ちはだんだん薄れてました。

あとは、お金ですね。夫婦になって彼の考えで財布をひとつにしました。今まで貯めてたお金も全部同じ場所に管理するようになったんですが、夫はあるだけ使う人。私は夫と、「時間」と「お金」の使い方が合わなさすぎて、夫に何度も話をしたんですが変わらず、時間の経過とともに逆ギレされるようになって、やーんぴってなって離婚したいってストレートに話しました。数日後、彼が言った言葉は「起業しようと思う」でした。これが今の生活の元になったんですね。あの時話してよかったなと改めて思います。

 

付き合ってる時や新婚時代の話は、また今度書きますね。では、またね。