子育てママのおやつどき

自営業のコーヒーショップで働く子育てママの暮らしと日記 @Encore! Coffee Roastery

ふたり目は楽だときいとったけど

f:id:senasis:20180521120151j:image

 

本当にまぁよく寝てくれます。

ひとり目とは全然違う子育てさしてもらってます。

 

ひとり目を振り返ると。。

2600gの小さめちゃん&おちょぼ口でおっぱい吸えないわ(生後3ヶ月まで混合栄養)、泣き入りひきつけあるわ、うんち出ないから綿棒浣腸するわ、だっこせんとねんわ、とにかく泣いてるわ、父ちゃん帰ってこんわ。。

 

だったんですが、ふたり目ねるねる!

入院の時ミルクちょっと足したけど、2700gと100g違うだけでおっぱいガンガン飲むし、泣くのも上手だし、うんち快便だし、あっ!でも快便すぎてお尻荒れぎみ。。ワセリン塗ったら問題ないわ、父ちゃん余裕の表情でだっこできるわで、ラクー!こんなに違うんですねー。

 

ふたり目という親の心持ちも違うからですかね。

今ゆっくりさせてもらってます。

無事お家に帰ってきました

f:id:senasis:20180507024311j:image

 

5日間の入院生活を経て赤ちゃんと無事帰宅。

3歳のムスコがどんな反応をするかドキドキワクワク。

 

初日は、グズったりイヤイヤを言うことはないけど、とにかくハイテンション!

空気感に戸惑っているのか、電気を点けたり消したり、おっぱいをしてるときに何度も頭にタオルをかぶせてきたり、大きな声でずっとわらっていたり、イライラした口調で親に嫌なことを言ったり。

 

わかっちゃいるけど、内心少しイライラすることも。

夫とふたり、怒ったりせずできるだけ彼の気持ちを受け入れることにしていました。

 

f:id:senasis:20180507025842j:image

 

帰宅して3日目。

赤ちゃんのいる生活に慣れたのかいつも通りの機嫌の良いムスコがいました。

 

「〇〇くんやる」といろいろ手助けしてくれます。

おむつ替えやおっぱいをあげる時のクッションをセッティングしてくれたり、泣いていたら「お母さんだっこして(あげて)」と言ってきたり。

 

びっくりするくらいしっかりした兄ちゃんになっています。

生後3日目

f:id:senasis:20180503165848j:image

 

ぷー のんだのんだ

 

ねて泣いてのんで出しての繰り返し

すっかり元気になっちゃって

f:id:senasis:20180502190534j:image

 

生後2日目。基本的にはスヤスヤ眠ったお顔。

3時間おきにそのお顔がクシャクシャになり、「ねぇーん」と泣いてお口をパクパクさせおっぱいのサインを送ってくる。たまらなく愛おしい。

 

今は母乳とミルクの混合で、ほぼ母乳10ミルク30で3時間ぐっすり。

 

少しずつ体調が回復している母ちゃんはたまに何しよっかなと時間に余裕があるので、そんな時は必ず3歳の息子の写真を見てはどうしてるかなと恋しくなる。

 

f:id:senasis:20180502192051j:image

 

帰ったらいっぱいだっこしてやるんだ。

ベイビーの誕生

f:id:senasis:20180501194216j:image

 

待ちに待ったベイビー。やっと会えました。

 

お産の話しを少し。

 

4月30日朝6時9分
お腹いた!昨日夫と子どもとパジャマパーティーでお菓子食べすぎたかな??

 

トイレトイレ。

 

うんっ!陣痛か?おっ!破水もか。お腹いったーい!!!
もうすでに2分間隔。

 

「おっとっと。陣痛が来たわ。」

 

病院へTel→すぐ来てください
陣痛タクシーTel→5分程で着きます

 

子ども起床「赤ちゃんうまれるの?お母さんビョウイン?」
私「赤ちゃんお腹から出たいって。お母さん病院行ってくるね」

 

朝6時30分タクシーにひとりで乗り込む

 

タクシーの運ちゃん
→大丈夫ですか?車いすすぐ用意してもらいますね
→あとどれくらいで着きます?(ヤバイ!うまれるよー!!!)

 

朝6時55分病院到着
すぐ分娩しつー!頑張って台あがって!ここで産めないよ。
「あ゛いー」

 

この人点滴いるよ。
そう。私は点滴をしながらのお産になり、助産院から提携の病院に転院したのに。。

 

朝7時11分うまれましたー!点滴間に合わなかったね。

 

と、こんな感じのお産でした。
あー恐ろしかった。

母子ともに元気です。

先週よりお菓子が変わっています

f:id:senasis:20180424160601j:image

 

今まで私がお菓子を焼いていたんですが、先週より東大阪市にある福祉施設Win-Win”さんに製造いただいてます。

 

素材にこだわっていて、とても優しい味わい。

 

f:id:senasis:20180424160621j:image

 

今提供させてもらってるのが、ガトーショコラ、アーモンドたっぷりのチュイル、プレーンクッキーとココア味のクッキーです。全商品テイクアウトできます!

 

f:id:senasis:20180424160641j:image

 

クッキーは、ドリンクにお付けしています!まだの方はお楽しみに♬

1回目のお産どんなだったかな。

f:id:senasis:20180414114346j:image

 

妊娠38週に入りました。

だんだん疲れが抜けなくなって、カラダがおもたーいです。

出産直前までお店にいる予定なので、お客さまに驚かれることもありますが、安産であることを祈ります。看板息子が兄ちゃんになるんやね。

 

1回目のお産の始まりは。

 

この頃、弟が障がいを持っているという理由で、1年以上暮らしていた部屋を強制退居させられたんです。。幸いにも産休にはいっていたので、急いで新居探し&引っ越し準備。

 

出産当日もバッタバタで自転車乗り回してました。

夜、友だちが赤ちゃん誕生する前にもう一回会いたいと言ってくれ、いっしょに夕飯を食べようと夕方頃からカレー作り。作り終えて、さあひと休みしようとソファに腰掛けると、「イタタタタッ」と下腹部に痛みを感じました。これが陣痛か!

時間を測ると、2〜5分間隔で病院に連絡。すぐきてくださいとのこと。

 

そんなこんなしていると、夫と友だちが家に到着。

「陣痛が来たわ。シャワーするからフルーツ切っといて」

 

登録していた陣痛タクシーに連絡。15分もかからなかったんじゃないかな。

わりとすぐきてくれました。

友にごめん(^^;)っと夫婦でタクシーに乗り込み、いざ病院へ。

 

それから、5時間後ベイビーが誕生したんですね。

助産師さんは子宮口の確認に来るくらいで、なんのサポートもなくお産の進み具合もよくわからないまま終わった感じです。

お産のいいイメージもないですし、母乳に関してもぜーんぜんやってくれないし、やんなっちゃって今度こそ助産院でと思ったんですがしょうがないですね。

でもまあ、2回目なので前回の時よりもリラックスしてお産できるかな。。そうなったらいいな。

 

もういうてる間にその時がきそうなので、もう一回経験できると思ったらちょこっとドキドキもしますがワクワクの方が大きいです!

 

早く陣痛来ないかな。